”のし”はどんなときに使うもの? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

”のし”はどんなときに使うもの?

祝儀袋やのし紙の右上にある飾りが”のし”。現在では紙で略式になっています。”のし”は「より丁寧に物を贈る」という気持ちを込め、慶事にのみ用い、弔事の場合には使いません。また魚介類、肉、鰹節、塩干物、果物、卵、生鮮食品などを贈るときにも使われません。さらに、病気見舞い、災害見舞いも「引き伸ばす」との意味から”のし”はつけません。代わりに白無地の短冊を使います。(”のし”のいわれ:「のし」とはのし鮑の略です。乾燥したあわびは栄養価が高く、長持ちすることから、神事のお供え物や慶事の贈答品に用いられました。のしたあわびを和紙に包んだものを「のし」と呼ぶようになり、贈答品に添える習慣ができたといわれています。)

結婚祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

結婚祝い