ご自宅のに「結婚祝い」を持参したいが、正しい作法は? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

ご自宅のに「結婚祝い」を持参したいが、正しい作法は?

結婚祝いはご自宅に持参するのが正式であり、一週間前までの吉日の午前中に届けるのが礼儀とされています。最近では午後三時頃まででかまわないとされているようですが、先方の都合を優先させましょう。金品に、金銀または紅白夫婦結びの水引をかけ祝儀盆にのせ、ふくさをかけて紋入りのふろしきに包んで持参します。(御贐(おはなむけ)の使い方:「御贐」として金子を贈ることは、とくに東北地方に多くみられます。新婦側へのお祝いに、親戚などが新婚旅行の餞別を「御贐」として使ったり、また結婚祝いとは別に、前もって品物を届けるときにも「御贐」が用いられます。)

結婚祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

結婚祝い