喪中のときに、身内の結婚式が重なってしまった。どうすればいい? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

喪中のときに、身内の結婚式が重なってしまった。どうすればいい?

正式には、喪中の一年間は慶事、祝典、祭礼への参加や公的行事への出席は控えることになっていますが、それを厳格に守ることは困難です。喪中の結婚式は、家族なら取りやめるべきですが、現実には、ずっと以前から予約するなど準備が進んでいたり、相手の立場もあり難しい場合もあるので、忌明け後に双方に異存がなければ予定通り行うことも多いようです。(「忌服(きぶく)」とは?:「忌」とは死者の汚れを忌むこと、「服」とは喪服のことで、身内に不幸があったときに、喪服に身を包んで一定期間、行動を慎み身を清める意味です。「忌」と「服」を含めて「喪」といい、忌服の期間を「喪中」といいます。現在では「喪中」は慶事を慎む期間とされ、実質的な喪中である「忌中」の期間が過ぎると日常生活に戻るのが普通です。「忌」の期間は忌明けまでとされ、仏式では四十九日、神式では五十日祭、キリスト教では一か月後の命日までと考えます。)

結婚祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

結婚祝い