二人の新生活に役立つものを | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

二人の新生活に役立つものを

結婚祝いは挙式の1週間くらい前までに届けます。直接持参するのが礼儀ですが、結婚前は双方ともに忙しいので、日を選んでなるべく午前中配達で、お祝いに添える手紙を添えて届けます。また、式場に品物を持参するのは避けます。贈り物のタブーとしては、「縁を切る」はさみ・包丁・ナイフ・壊れ物があります。しかし新婚生活を始めるにあたり、高級な包丁がほしい人もいるので、贈る相手が喜んでくれるものであれば神経質にならなくていいでしょう。割れる食器は「幸せが増える」、包丁やナイフは「幸せを切り開く」という解釈の仕方があって、世界で広く使われている贈答品です。結婚祝いの品物は、事前に欲しいものを聞いておくと、重複を避けられて喜ばれます。またグループなら高額商品を贈ることもできます。自分ではなかなか買わないプレステージの食器・名前や結婚式の日にちを入れたフォトフレーム・ペアものなどが多いのですが、その年のイヤープレートや、結婚をモチーフとした置物も記念になります。いただいたお祝いに対するお返しは、挙式後1ヵ月以内にします。

結婚祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

結婚祝い