日射病・熱中症を予防する | 三越伊勢丹法人ギフトサイト

日射病・熱中症を予防する

日射病は熱射病ともいわれます。炎天下に長くいたり、野外スポーツの最中などに、身体の中に熱がこもってしまい、体内で生産された熱が体外に発散されなくなる状態のことで、いろいろな障害が出てきます。だるさ・あくび・疲れから始まり、しだいに頭痛・顔面蒼白・吐き気・意識朦朧となります。そのままのしておくと熱による痙攣がおき、意識がなくなり、最悪の場合は死に至るので、涼しい場所で絶対安静にします。暑い場所に長時間いるときは、水分を十分に補給したり、血液に近い成分の水分を摂ったり、通気性のある衣服や帽子を着用するなどして予防に努めます。熱中症は、自分で気づかないうちに室内で起こることがあります。新陳代謝が衰え気味の年配者が多いので、熱を冷ます素材を使った衣服を着せたり、涼しい場所に移動させるなど、周囲の人が気をつけてあげることが大切です。

夏の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

open

夏の贈り物