ご祝儀などを包むときに奇数がよいとされるのはなぜ? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

ご祝儀などを包むときに奇数がよいとされるのはなぜ?

昔からの行事や祝いごとに関する数字には奇数がよく使われており、慶事のご祝儀にも奇数の金額を包むのが一般的です。現代では、慶事でも二万円の場合も多く、八万円も末広がりでよいとされ、贈られることもあります。二万円を贈るときには、一万円札を一枚と五千円札を二枚包んで、お札の枚数が偶数にならない配慮をしましょう。(お祝いごとには奇数が使われる:奇数は「積極的な面を表現するおめでたい数字」、偶数は「陽のあたらない陰の数字」とされていた中国の陰陽思想にもとづいて、お祝いには偶数ではなく奇数が使われるようになりました。)

結婚祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

結婚祝い