結婚祝いに現金ではなく、品物を差しあげたら失礼? | 三越伊勢丹法人ギフトサイト

結婚祝いに現金ではなく、品物を差しあげたら失礼?

最近では結婚祝いは現金で贈るのが一般的です。受け取る側は、結婚費用や新生活での費用に充当できるので、現金は重宝するでしょう。品物を贈ることは失礼ではありませんが、たいていはお祝い金として現金を贈ったうえで、別に贈ることが多いようです。金額の目安は、披露宴に招待されている場合は、一人当たりの費用に相当、もしくはそれを上回る程度の金額で、招待されていない場合には、それよりも少し低めでかまいません。

結婚祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

open

結婚祝い