「鏡」「陶器」などの割れものを結婚祝いに贈ってはいけないの? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

「鏡」「陶器」などの割れものを結婚祝いに贈ってはいけないの?

品物を贈る際に大切なのは、相手が希望するもの、満足してもらえるものを選ぶことです。昔は割れたり欠けたりするものは、二人の仲が「われる」とされ、刃物も二人の仲を「切り裂く」として嫌われていましたが、現代の生活に鏡や陶磁器、包丁などは必需品となっており、二人が喜んでくれるのであればこうしたタブーは気にする必要はないようです。(結婚式のタブー集:結婚式ではスピーチやお祝いの電報、贈り物などに「別れる」「終わる」「切れる」などを意味するものを避けるのがマナーです。)

結婚祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

結婚祝い