七五三の起源は? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

七五三の起源は?

起源は諸説ありますが、中国から伝来した「陰陽道」から、縁起のよい奇数年齢で三歳と五歳の男の子、三歳と七歳の女の子の健康と成長を報告し、見守っていただく願いを込めた儀式として江戸時代に広がりました。三歳から髪を伸ばし始める「髪置きの儀」、五歳の男児に初めて袴をつける「袴着の儀」、七歳の女児にお化粧をして、本仕立ての着物と丸帯で大人の装いをする「帯解きの儀」ともいわれました。旧暦の十五日は何をするにも吉であるといわれたため、十一月十五日にお参りをしましたが、現在では寒い地方などは一か月早い十月十五日前後など日にちにこだわらず行われています。本来は数え年で祝っていましたが、現在は満年齢で祝う場合も多いです。

節目のお祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

節目のお祝い