お正月の準備はどのようにしたらよい? | 三越伊勢丹のキノギフト

お正月の準備はどのようにしたらよい?

お正月を迎えるにあたって年末にはさまざまな準備をします。十二月十三日は、旧暦の冬の土用にあたり、新年を迎える清めのための掃除をして、歳神様を迎える大切な準備作業をします。十二月二十八日は、門松、しめ縄、鏡餅などの「正月飾り」をします。「大つごもり」ともいわれる大晦日の夜には、一晩中起きて除夜の鐘を聞きながら、細く、長く、長寿を願うという意味を込めた年越しそばを食べる習慣があります。(正月飾り:「門松」…家の門や玄関に立てる飾りの松で、歳神様の宿る依代をあらわす。「しめ飾り」…玄関の軒下に飾るしめ縄で作ったお飾りで、悪気が家内に入らないようにしている。「鏡餅」…円形に作った餅を大小二個ひと重ねにした、歳神様へのお供物です。)

おせちの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

おせち