出産祝いのお返しはどうしたらいいの? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

出産祝いのお返しはどうしたらいいの?

出産祝いに対するお礼は「内祝」として贈ります。贈る時期は、お七夜、命名が済んでからお宮参りの前後(生後三十日から四十日ぐらいの間)が適当です。出産の内祝は、赤ちゃんのお披露目の意味が大きく、紅白花結びののし紙に「内祝」の表書きをし、赤ちゃんの名前を書くのが一般的です。(地方による内祝いの仕方:「近畿地方」…張り子の犬やでんでん太鼓の絵が印刷されたのし紙を用いる。「愛媛や和歌山地方」…内祝の表書きと名前を朱で書き、のし紙の右上に命名札を貼る習慣がある。「九州地方」…男児の出生は「日晴レ 太郎」の表書きをして祝う。「沖縄地方」…出産祝いを「満産祝」といい誕生後七日目に行う。「その他」…親の名前のもの一つと、赤ちゃんの名披露目の二つのものを内祝に贈るところもある。)

出産内祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

出産内祝い