懐妊を祝うのは、なぜ「戌の日」? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

懐妊を祝うのは、なぜ「戌の日」?

「戌の安産にあやかる」ことから、妊娠5か月目の戌の日に、安産を祈願して腹帯「岩田帯」を巻く儀式が帯祝いです。戌の日にお参りすると、”寿”の押印や”安産の祈祷”もしてくれます。岩田帯は、祝い酒や安産のお守りとともに妊婦の実家から贈るのが一般的です。目立ってきたお腹を保護する目的と、「丈夫な赤ちゃんを産む」という願い、母親の自覚を促す意味が込められています。(岩田帯:齋肌帯、結肌帯ともいわれる。「紅白の絹地二筋と白いさらし木綿一筋を三つ重にしたもの」「さらし木綿か白い綿ネルを七尺五寸三分に断ち、端に”寿”と朱書きしたもの」などがあり、最近では「ガードル式肌帯」「腹巻式腹帯」などが多いです。)

赤ちゃん行事のお祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

赤ちゃん行事のお祝い