お見舞いに伺うときの心得は? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

お見舞いに伺うときの心得は?

病気お見舞いに行くときには、注意すべき点がいくつかあります。まず、病状によっては、見舞って欲しくないこともあるので、事前に家族や病院に様子を聞いてから見舞うようにします。化粧や香水は控え、服装はなるべく清楚にします。どんなに症状が軽くても長時間の見舞いは厳禁です。面会時間を必ず守り、長くても二十分〜三十分で切り上げます。病状や原因をしつこく聞いたりせず、また大声で話すのはやめましょう。大部屋の場合にはとくに配慮が必要です。自宅に見舞う場合には、家族の都合を考慮して、適切な時間を聞くなどして伺い、負担のかからないようにしましょう。

お見舞いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

お見舞い