季節のものに替える日 | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

季節のものに替える日

学校や会社の制服が冬服から夏服に替わるのは、6月1日というのが一般的です。和装では裏地のある袷から裏地のない単衣になります。衣替えは平安時代の宮中に伝わる行事で、陰暦の4月1日から夏装束、10月1日から冬装束に改め、調度類などもすべて季節のものに替えました。4月1日(朔日)は綿入を脱ぐ日となり、四月朔日と書いて「わたぬき」と読ませました。これに対して10月1日を「後の衣替え」といいます。一昔前は衣替えを家の女性皆でしていました。さらに古くは、寒くても4月1日を守ったといいます。庶民でも同じ着物を仕立て直し、綿を入れたり抜いたりして衣替えをしていました。昔は着物は何度でも仕立て直して着るものであり、晴れの日の着物と区別して使用していました。5月25日東京の亀戸天神では、神前に供える衣を冬服の白羽二重から夏服の白麻に替える「更衣祭」を行います。

敬老の日の関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

敬老の日