喪中の場合に七五三のお祝いをしてもいい? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

喪中の場合に七五三のお祝いをしてもいい?

神社によっては、五十日祭の翌日の「清払いの儀」明け、お寺では「忌明け」にすればよしとするところもありますが、一周忌まではできるだけ参拝は遠慮した方がよいでしょう。どうしてもという場合には、神社へ相談をします。本来なら数え歳で祝うのが習わしですが、来年の満年齢で行うことも可能です。

節目のお祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

節目のお祝い