「卒業と入学」「卒業と就職」が同じ時期にやってきます。どちらを重んじればいいの? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

「卒業と入学」「卒業と就職」が同じ時期にやってきます。どちらを重んじればいいの?

子どもが義務教育中や、進学の場合には、入学を重んじ、卒業に対しての贈り物は少ないようです。卒業して社会人になる場合には、「就職祝い」という形で贈り物をします。

節目のお祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

節目のお祝い