「寸志」や「薄謝」を使うのはどんなとき? | 三越伊勢丹法人ギフトサイト

「寸志」や「薄謝」を使うのはどんなとき?

「寸志」や「薄謝」は、原則として目上の人から目下の人に贈る場合に使います。「寸志」は、「わずかな志」「心ばかりの」といった意味で、「寸意」「寸情」も同じ意味です。「薄謝」は、「わずかな謝礼」という意味で「薄儀」も同じ意味です。感謝の心で物を贈るときには、「寸志」や「薄謝」よりも、「謝礼」「御礼」「お礼」とするほうが自然です。

節目のお祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

open

節目のお祝い