大人になる知恵を授かる | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

大人になる知恵を授かる

七五三が関東を中心とした行事なのに対して、関西では数えで13歳になると、旧暦の3月13日か4月13日に知恵の神様「虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)」にお参りして、福徳・知恵を授かる「十三(じゅうさん)参り」という行事があり、200年ほど前から行われています。精神的にも肉体的にも子どもから大人へ変わる時期に、親子でお参りして大人になる知恵を授かります。帰り道に後ろを振り向くと、授かった知恵を落としたり戻したりするといういい伝えがありますが、これは決められた時間は必ず守るということを表しています。神前に13品のお菓子を供えて参拝し、お下がりを境内を出るまでに食べてしまうというしきたりもあります。女の子には初めての厄年ですから、厄払いの意味もあります。

節目のお祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

節目のお祝い