正月飾りの代表 | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

正月飾りの代表

門松は一般的に三本の竹を組んだ後、松と合わせたもので、家の門の外に飾りつけます。年末に正月の飾りつけをすませるのがふつうで、会社・商店・料亭などでは早ければ11月末から門松を立てます。31日にするのは「一夜飾り」(死者を弔うときと一緒)といって嫌われ、29日は「二重苦」と重なるので避けられ、その結果28日までか30日に飾ることになります。注連縄は神棚などに張り、ここは神を迎える場所であることを明確にするものでした。不浄の場所と神聖な場所を区別し、注連縄の張りめぐらされた木や岩、あるいはその一体は清浄であり、不浄は入れないという宣言なのです。

冬の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

冬の贈り物