三世代交流を楽しむ提案 | 三越伊勢丹のキノギフト

三世代交流を楽しむ提案

日本は少子化の急速な進行に歯止めがかからず、社会の高齢化が深刻な問題になり、これと並行して高齢者と若年層の世代間のつながりが希薄になっています。そこで鞄本百貨店協会が「少子・高齢化の社会と家族のかたち」を見つめなおすため、平成11年、「敬老の日」に対して「孫の日」を10月第3日曜にしようと提唱し、産業界に参加を呼びかけました。一月前の敬老の日と連携させて「気持ちと形で表現する」新しい社会的ムーブメントとして定着を図っていくこととし、現在では認知度も高まり、全国の自治体や団体で様々なイベントを実地し、一層のムードアップに努めています。

敬老の日の関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

敬老の日