月が一番美しい季節 | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

月が一番美しい季節

旧暦8月15日の夜の行事を「仲秋の名月」(十五夜)といいます。大昔から月は人々に愛され親しまれ、奈良平安朝の華やかな月見の宴が当時の歌集・日記・物語などにうかがえます。庶民の間では月を神として崇め、とくに農民は秋の収穫期にあたる仲秋の名月に新しい収穫物を供えて五穀豊穣を祝い、稔りを感謝する祭りとして発達しました。日本の秋は月見の行事が各地で行われ、月見団子・里芋・枝豆・栗・果物などを三方にのせ、秋の七草(萩・すすき・撫子・葛・おみなえし・藤袴・桔梗)と灯明またはろうそくを供え、稔りの秋を祝います。また古来から、月の形によって「朔月・三日月・弓張月・望月・有明月・立待月」など風雅な名を付け、月を表す美しい言葉も様々な文芸作品に使われてきました。陰暦9月13日の夜は「十三夜」と呼び、十五夜に次ぐ観月の日とされ、十五夜は「芋名月」、十三夜は「豆名月」「栗名月」と呼ばれます。どちらか一方の月見だけをおこなうことは「片見月」といって嫌われました。供え物の月見団子の数は、十五夜にちなんで15個とか、1年が12ヵ月だから12個などと様々です。形も一般的には満月にちなんでまん丸ですが、細くして餡を巻いたものもあります。里芋は、一株で子芋・孫芋とどんどん増えるところから、子孫繁栄の縁起物とされ、種々の祝いごとにはかかせないものです。別名「芋名月」といわれるのは、この日が里芋を掘る日とされているからで、「盗んでも食べるべし」という風習があり、盗まれると縁起がよく、盗んだものを食べると健康になり幸福がまい込むといって喜ばれました。里芋は、関東地方では皮をむかずにそのまま蒸すか茹でるので「衣被(きぬかつぎ)」といいます。関西では、煮ころがしやみそ煮にして供えます。

敬老の日の関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

敬老の日