自然薯 箱入 1.0kg以上 | 三越伊勢丹のキノギフト

  • のし(なし)
  • 包装紙(なし)
  • 手さげ袋(なし)
ささき農園

自然薯 箱入 1.0kg以上

唐津の自然薯は、昔、藩主への年貢として収められるほど特別なものでした。それは、唐津の山々がおいしい自然薯が採れる赤土の山で、なおかつ綺麗な温泉が湧く山だったからです。赤土の自然薯は美白、美肌で粘り強いのが特徴です。
※限定 100点

  • 数量限定商品
  • 冷蔵
  • 直送便
自然薯 箱入 1.0kg以上

商品情報

内容量

自然薯1kg

商品サイズ

箱サイズ:100×7×10cm 重量:1.5kg

商品番号

714W-045

ブランド

ささき農園

価格帯

10,000円 〜 19,999円

関連カテゴリー

フルーツ・野菜

シーン

その他 | お祝い | お中元 | お返し | 手土産・御礼

open

お祝い

こんにちは、ゲストさん

ささき農園 自然薯

佐賀県唐津市、温泉が湧き出る赤土の山で育った自然薯です。
もともと自然薯が自生していた土地を切り拓き、山の落ち葉や枯れ草などから作った自家製の堆肥のみを使用。独特の粘りと風味を味わってください。

画像A 佐賀県唐津市の豊かな自然。野田温泉が湧き出る山で。

もともと自生していた場所を、畑にしました。

ささき農園の佐々木励さんに畑でお話を聞きました。「畑があって、そこに植えたのではなく、もともと自然薯が自生していた場所を畑にしました。赤土の真佐土という土が、自然薯を育てるのに合っているのだと思います。400年前から続く“唐津くんち”というお祭りに自然薯が納められてきたという記録も残っていますし、明治38年に書かれた夏目漱石の『我輩は猫である』にも、唐津の友人からもらった自然薯が登場するんですよ。自然のイモと書く自然薯の伝統の味に、15年間チャレンジしてきました。」

画像B 丁寧に丁寧に掘り出した自然薯を持つ、佐々木励さん。

自然薯にストレスを掛けず、美味しく育てます。

佐々木さんは「自然薯にストレスが掛かってしまうと、あくが出やすくなるんです。」と言います。「掘る時に傷をつけてしまうと、自分が掘られていることを自覚して、イモがストレスを感じてしまいます。ひたすら丁寧に丁寧に作業をして、自分が掘られていないと勘違いさせるんですよ(笑)。さらに、保存の温度と湿度の管理や資材も全部見直して、有機JAS認定を取得することができました。困難にぶつかるたびに、乗り越えてきたんです。」

画像C すり下ろした、ささき農園の自然薯。独特の粘りです。

独特の粘りと風味を、いろいろな食べ方で。

佐々木さんのお話は続きます。「自然薯は、日本に古来からあるイモです。古い文献にも、効能や効果が載っているんですよ。濃いめの味噌汁をだし汁に使った“とろろご飯”や、すり下ろして甘酢の中に落として“落としいも”にしたり、すり下ろして外はカリッと中はトロりと揚げた“揚げとろろ”にしたり。いろいろな食べ方で、独特の粘りと風味を楽しんでいただきたいですね。」

画像D 粘り強く長生きを。お祝いの贈り物にも、ぴったり。

祝い事の贈り物としても、使われてきました。

「自然薯は年々大きく育つことから“出世イモ”と呼ばれ、昔から縁起がよい食べ物として食卓を飾ってきました。粘り強く長生きできるようにと、祝い事の贈り物としても使われてきたんですよね。白い色がうちの自然薯の特徴で、この唐津の山の風味と歴史を、ぜひ贈り物にもしていただきたいと思います。」佐々木さんの穏やかな笑顔の奥には、開拓者の力強さと誇りがありました。

ページ上部へ