完熟トマトゼリー | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

  • のし(あり)
  • 包装紙(あり)
  • 手さげ袋(あり)

完熟トマトゼリー

岡山県産の完熟桃太郎トマトを丸ごと一個とじこめた未体験の味わい。大人気のトマトゼリーです。

  • センターB
完熟トマトゼリー

商品情報

内容量

完熟トマトゼリー240g×6

商品サイズ

箱サイズ:32×22×8cm
重量:0kg

商品番号

210R-421

価格帯

3,000円 〜 3,999円

関連カテゴリー

スイーツ・菓子 | 洋菓子 | ゼリー

シーン

赤ちゃん行事のお祝い | 出産祝い | 出産内祝い | バースデーギフト | 結婚行事のお祝い | 結婚祝い | 結婚内祝い | 仕事のお祝い | 長寿祝い | 父の日 | 新築・引越祝い | 新築・引越内祝い | 快気祝い | こども行事のお祝い | 節目のお祝い | 母の日 | お返しギフト | お見舞い | 夏の贈り物 | 退院祝い | 手土産・御礼 | バレンタイン

この商品を見た人にはこちらの商品もおすすめ

open

出産内祝い

ピックアップレビュー

期待大!3年連続モンドセレクション金賞受賞の完熟トマトゼリー

  • キノギフト編集部キノギフト編集部
  • 2016-12-06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然の恵みが届きました!

完熟トマトを想像させてくれるまっ赤な化粧箱がゼリーへの期待感をアップさせてくれます。完熟トマトがまるごと使用されているなんてとても贅沢な一品!ゼリーなので冷やして頂くのが美味しいとは思うのですが、今すぐ食べたい!

蓋をあけるとトマトが並んでいる!?

個包装にも外装と同じようにまっ赤でシンプルでが分かりやすいデザインが施されていました。通常のゼリーのようにプラスチックの容器に更に紙の帯の個包装がしてあり高級感が漂っています。この状態では、まだまるごとトマトは見えないです。焦らしますねぇ!

まるごとトマトが現れました!

紙の帯の包装の横から覗くと湯剥きされたようなまるごとトマトが!容器のほとんどをまるごとトマトが占めています。持った時にずっしりと重みもあり、みずみずしい完熟トマトの旨味と甘味が詰まっていることを想像させてくれます。美味しく頂くために冷蔵庫に入れて冷やしたいと思います。

何時間位冷やせば食べ頃になるのでしょうか?待ちきれません!

冷蔵庫に入れて3時間。そろそろ冷えたかな?待ちきれずに何度が冷蔵庫を開けてしまいました。ゼリーが更に美味しく頂けるよう透明ガラスのお皿をチョイスして食器棚から出しました。お皿も冷蔵庫で事前に冷しておきました。スプーンも用意し準備万端です。
冷えたゼリーを冷蔵庫から出し、フィルムに手をかけました。よく冷えているようですぐに容器があせをかきはじめました。早く食べたい衝動に駆られます!

お皿を逆さにしプリンの要領で盛り付けをしました。みずみずしいゼリーの中にはまるごとトマトが!美しいです。

果物を思わせるような甘味と爽やかな酸味のバランスが良く、さっぱりと頂くことが出来ました。想像以上の甘さで桃に似た甘さでした。トマトにスプーンを入れた瞬間にトマトが割れ、まるで半熟玉子を割ったようにトロッとしたジュレ部分が出てきました。ゼリー部分や果肉部分とは異なった食感がアクセントになっています。
ゼリー、トマトの果肉、トマトのジュレがそれぞれの味と食感を持ち、絶妙なバランスひとつの完成した味になっています。ただ甘いだけではないので食べ応えがありつつも飽きずに食べきれ、満足感のある一品です。

岡山県産の完熟桃太郎トマトをまるごとゼリーにした贅沢な一品です。トマト旨味を思う存分堪能できとても満足しました!

自然の恵みがたっぷり詰まったひんやりデザート!夏ギフトにおすすめです!

リコピン等の健康イメージがあるトマトの良さを最大限にいかした一品です。さっぱりとした甘味が特徴で甘いものが苦手な方にもお召し上がりやすいと思い、多くの人に喜ばれるのではないかと思います。

トマトのゼリーと言われても味の想像がつかないので初めて食べた時はその美味しさに驚きました。こんなに甘いトマトがあるなんて!私が今まで食べていたのは何だったのかと思うくらいです。
私は元々トマトが好きですが、まわりにはトマトが苦手な方もいらっしゃいます。そんな方には是非召し上がって頂きたいです!トマトに対する見方が変わるのでは?トマト嫌いが克服出来るるのでは?と思います。

ちょっぴり贅沢なしたいときに、ご褒美に。至福のひとときを過ごせる一品でした!これを食べたらスーパーで売っているいつものゼリーでは満足できないのではないかと心配なってしまいました。

この商品を見る

  • キノギフト編集部キノギフト編集部
  • 2016-12-06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加