日本酒飲み比べセット | 三越伊勢丹のキノギフト

  • のし(あり)
  • 包装紙(あり)
  • 手さげ袋(なし)
東京SAKE旅

日本酒飲み比べセット

東京を代表する5蔵元のお酒を集めました それぞれの個性を楽しめるセットです。
※限定 500点

  • 送料無料
  • 数量限定商品
  • センターA
日本酒飲み比べセット

商品情報

内容量

内容300ml清酒 5本入り

商品サイズ

箱サイズ:7×35×21cm 重量:3kg

商品番号

051W-013

ブランド

東京SAKE旅

価格帯

3,000円 〜 3,999円

関連カテゴリー

お酒 | 日本酒

シーン

その他 | お祝い | お返し | お歳暮 | 手土産・御礼

この商品を見た人にはこちらの商品もおすすめ

open

お祝い

こんにちは、ゲストさん

東京の酒の魅力を凝縮した5本セット。蔵ごとに全く違う豊かな味わいをご堪能ください。 おすすめのおつまみと共にいただくことで、酒も肴もよりおいしくなります。

  • 千代鶴
    辛口生貯蔵酒
    梨を思わせる香りがほのかに香る。爽やかな酸味が極上の軽快な飲み口を実現。飲み応えある辛味が存在感大
    <ペアリング>
    ささみのフライ
  • 澤乃井
    本醸造大辛口
    香り控えめ。ほどよい米の旨味もきちんと含みつつ、豪快な辛味で潔く切れる。まさに辛口の本流といえる一本
    <ペアリング>
    鶏手羽中の塩焼き
  • 嘉泉
    特別本醸造 幻の酒
    甘露飴を思わせる濃厚な香り。ふくよかな米の旨味がたっぷりで、飲みごたえ十分。冷やしても燗をしても美味
    <ペアリング>
    いかと里芋の煮もの
  • 多満自慢
    淡麗吟醸
    メロンに似た香りが立つ。軽快、かつスムーズな喉越し。もたつきのない潔いキレが最高の爽快感を演出してくれる
    <ペアリング>
    甘えびの刺身
  • 金婚
    本醸造生貯蔵酒
    香り控えめ。軽すぎず、重すぎない絶妙なバランス。優しい旨味の余韻が心地よい。幅広い温度帯で楽しめる
    <ペアリング>
    きんめ鯛の西京焼き
  • (お酒の説明・ペアリング)酒ジャーナリスト 葉石かおり ※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

「東京SAKE旅」とは、東京多摩地区の4市6蔵が連携して、東京の地酒を多くの方々に楽しんでいただきたいという思いで始まったプロジェクト。東京の地酒のことを知って、よりおいしく飲もう。

東京は江戸・明治期より
酒造りが盛んな地域。

東京の多摩地区には、6酒蔵がそろう。豊島屋酒造は、1596年、神田にて酒屋兼一杯飲み屋の商いを始めたのが起源。他の5酒蔵も創業は、1700〜1800年代。江戸時代から酒の一大消費市場だった東京の需要に応じて、品質を向上してきた背景がある。秩父山系の伏流水など酒造りに適した水も豊富だ。現在の味わいとしては、辛口でありながら、旨みもしっかりと味わえるものが多く、どの酒蔵も受賞歴多数。小・中規模なので、手仕込み・少量生産もできやすく、質が担保されやすい。

江戸名所図会(1836年)。豊島屋の白酒を求めて殺到する人々が描かれている

東京の酒蔵
Information

東京の6酒蔵の魅力や楽しみ方をご紹介。
気になったら、各酒蔵のHPをチェック!

澤乃井さわのい小澤酒造(青梅市)

HPはこちら

風光明媚な奥多摩にたち、レストランや美術館、庭園などもあるため、酒蔵見学後も1日中遊べる。「澤乃井園」(写真)の「きき酒処」では、多摩川を眼下に利き酒が楽しめる。酒蔵見学は1名〜詳細HP
TEL 0428-78-8210(澤乃井園)東京都青梅市沢井2-770

嘉泉かせん田村酒造場(福生市)

HPはこちら

江戸〜明治期に建てられた文化遺産が点在する美しい酒蔵。伝統を重んじながらも、酵母ブレンドという新手法に挑戦した「田むら」や2017年刷新の「大吟醸 對鴎」など進取の気風が光る。
TEL 042-551-0003 東京都福生市福生626

多満自慢たまじまん石川酒造(福生市)

HPはこちら

明治20年にビール製造に着手するなど古くからチャレンジ精神にあふれる酒蔵。国登録有形文化財の蔵や史料館、イタリアンレストランがあり、酒蔵見学後も楽しい。酒蔵見学は1名〜詳細HP
TEL 042-553-0100 東京都福生市熊川1

金婚きんこん屋守おくのかみ豊島屋酒造(東村山市)

HPはこちら

酒蔵見学はもちろん、食や音楽のイベントなど、お酒を生かして、人と人の縁を醸してきた酒蔵。現在は「屋守」がメディアやクチコミなどで人気となっている。夜の酒蔵見学(写真)も開催1名〜/詳細HP
TEL 042-391-0601 東京都東村山市久米川町3-14-10

千代鶴ちよつる中村酒造(あきる野市)

HPはこちら

秩父古生層に磨かれた清冽な水を使用、手造り要素を多く残す酒造りが特徴。敷地内の明治17年建築の土蔵を復元した「酒造り資料館」では、伝統の酒造り用具や資料を展示。常時試飲もできる。
TEL 042-558-0516 東京都あきる野市牛沼63




多摩地域観光資源広域活用協議会 TEL042-552-1740 東京都福生市元町5(事務局:福生市役所生活環境部シティセールス推進課内)

ページ上部へ