春の風物詩 | 三越伊勢丹法人オンラインギフト

春の風物詩

「筍」は春を感じさせる食材で、3月中旬から5月中旬に出回ります。日本人は筍を食するのが好きで、初物を食すると寿命が延びるなどといわれ、春の風物詩となっています。広く食用される筍は孟宗竹で、中国から伝わりました。昔、孟宗が冬のさなかに筍を食べたいという母のために竹藪を探していたところ、天がその孝心に感心して筍が顔を出したといわれています。一般に皮の黒い「クロコ」より、地表に出る直前に掘り取られた白っぽい「シロコ」のほうが喜ばれます。土の中にもぐっていたシロコは、やわらかくえぐ味が少ないからです。掘りたてをすぐに茹でて刺身のようにして食べると、さわやかな香りとシャッキリとした食感がなんともいえず春めいてきます。

母の日の関連記事

その他のギフト関連の記事

open

母の日