避暑・健康・保養の日光浴 | 三越伊勢丹法人オンラインギフト

避暑・健康・保養の日光浴

海水浴は海で泳いだり日光浴をすることで、目的は、避暑・健康・保養です。世界的にも病気回復や健康のための原始的な自然療法で、日本でも「潮浴」や「潮湯治」などの名で海水浴をしていました。イギリスでは18世紀半ば海水浴が体によいと考え、海水浴用の馬車をつくり馬車ごと海に入った記録も残っています。その後、医療用の海水浴からレジャーの海水浴へと発展しました。日本でも、医療のために海水浴をする風習は古くからあり、鎌倉時代には、源実朝が鎌倉の海に入って病気を治したことが『吾妻鏡』に出ています。日本の海水浴場は、明治18年、軍医総監の松本順が推薦した大磯照ヶ崎海岸から始まりました。これが契機となり、湘南海岸や東京湾を中心に海水浴場が次々に開かれ、昭和になって千葉房総にも広がり、東京人のレクリエーション場になりました。戦後から現在まで、夏になると海辺には葦簾張りの海の家が出て大勢の海水浴客が利用しています。ただ過度の日焼けや体調の悪いときの水泳は、刺激が強すぎて危険です。

夏の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

open

夏の贈り物