涼しい音色の夏の風物詩 | 三越伊勢丹法人オンラインギフト

涼しい音色の夏の風物詩

伝統的な風鈴は釣鐘型の小さな鈴で、ぶら下がる短冊が風に揺れて鳴ります。「風鐸」「鉄馬」ともいいます。鉄製の「南部風鈴」(砂鉄を使用)、ガラス製の丸型の「江戸風鈴」、瀬戸の焼き物でつくった「瀬戸風鈴」などがあり、形は地方で異なります。近頃は舌(下げるもの)に水晶・固墨・石なども使っており、音色はそれぞれです。ガラスの歴史は室町末期、オランダのビードロ(ポルトガル語でガラスのこと)職人が長崎に渡来し、製法を伝え、江戸中期に長崎のビードロ師が江戸で実演して「ガラス風鈴」を伝えました。江戸末期には職人が長崎へ出かけて技術を覚え、江戸で廉価で発売して江戸中で流行し、それが今日まで伝わっています。江戸時代には風鈴の振り売りがあり、屋台に風鈴を下げて売る「風鈴そば」もありました。日本人独特の細やかで風がな感性は、風鈴を愛でることにもあらわれています。

夏の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

open

夏の贈り物