7月7日、彦星と織姫の伝説 | 三越伊勢丹法人オンラインギフト

7月7日、彦星と織姫の伝説

「七夕の節句」「七夕祭り」は中国から伝わる行事で、、陰暦7月7日の夜、天の川の両岸にいる牽牛星(鷲座の彦星)と織女星(琴座の織姫)とが白鳥座の近くにいる鵲の媒介で1年に1度逢うという伝説から生まれました。色紙の短冊に願い事を書いて笹竹に吊るして飾り、供えものをします。翌日は七夕笹を川や海へ流す習わしがあります。七夕とは日本の呼び名で、古代には「しちせき」と呼び、棚機津女(機を織る女のことで織女の日本名)の信仰と結びついて、7月7日の夜を七夕というようになりました。中国では七夕のことを、巧みになるように乞うという意味で「乞巧奠」といいます。織姫が機織りに巧みなことから、機織り・裁縫・手芸・琴などの上達を祈願し、牽牛が農事に巧みなことから、豊作を祈願して初物や御馳走を供えるようになったのです。この行事が中国から伝わり、日本独自の「形代流し」の習俗と合体して七夕祭りとなりました。仙台市や神奈川県平塚市で行われている七夕祭りは有名ですが、青森市のねぶた祭りや秋田市の竿灯祭りも、七夕行事の一種とみられます。七夕に素麺は付きものですが、七夕の時期は小麦の収穫期にあたることから、収穫に感謝して小麦を原料にした食べ物の素麺や冷麦を供えるようになったのは室町時代のことです。また、素麺の流れが天の川を連想させるため、素麺の一本一本を織姫の紡ぐ織糸に見立てたところからもきたようです。

夏の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

open

夏の贈り物