父の五十回忌法要を「お祝いです」と寺の住職にいわれたけれど、引き物の体裁は? | 三越伊勢丹法人オンラインギフト

父の五十回忌法要を「お祝いです」と寺の住職にいわれたけれど、引き物の体裁は?

両親の五十回忌法要は誰でもできるものではなく、早くに両親を亡くしたのに、今日の自分があることを感謝して、紅白の水引でお祝いすることは珍しくありません。一方、祝う気持ちになれないからと、黒白の結び切りを使う方もいます。明確な決まりはないので、法事を催す側の気持ちをかけ紙にあらわすとよいでしょう。

夏の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

open

夏の贈り物