下鴨茶寮(1) | 三越伊勢丹法人オンラインギフト

下鴨茶寮

下鴨茶寮

ブランド紹介

創業安政三年(1856年)。歴史と伝統に彩られた看板。
変わるものと変わらないものを見極めながら、永きに渡り積み上げてきた礎。
当茶寮では、京都だけが持つ独自の文化や美しさを、お料理やおもてなしの心を通じて、
世界各国に発信していくことを信条としています。

ビジネスシーンの手土産には、「日持ち」するものを。
ご挨拶やお呼ばれの際の手土産には、贈る相手の趣味や嗜好、人数を考えて美味しく食べていただけるものを選びましょう。
持参したものの、担当者が不在、長期休暇、リモートワーク等でしばらく会社に来ないケースも考えられます。
最低でも1週間〜10日は日持ちするようなものだと安心です。

コミュニケーションツールとして
手土産に詳しい秘書の方々の間でも話題の「ちりめんナッツ」は、京都の古き良きものと現代の新しいものが合わさったセンスが光るお菓子です。和・洋どちらの趣向に合わせてもお愉しみいただけますので、海外の方にも人気。様々なシーンで喜ばれることでしょう。

「至高の昆布」は、下鴨茶寮の料理人が世界に認められた日本の味覚「うま味」に着眼し日常にお使いいただける「昆布ふりかけ」と「卵かけ昆布」の2種を詰め合わせた話題性のある商品です。自宅ではもちろん、職場へマイふりかけを持っていけばコミュニケーションツールとしても活躍!

対象商品

9

こんにちは、ゲストさん