結納の手土産 | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

結納の手土産

open

結婚行事のお祝い

結納の手土産の知識とマナー

結納の手土産とは

手土産は必ず持っていかなければならないものではありませんが「これからよろしくお願いします」というご挨拶の意味を込めて、両親同士が、手土産を渡し合うことが多いようです。また、結納式を女性宅で行う場合は、これからご親戚となるお宅にお伺いするので、礼儀として手土産を用意して行った方が良いでしょう。

知識&マナー

しきたりや慣習を大切にしたい家もあれば、形式張らずにカジュアルにしたい家もあります。ふたりだけで判断せずに、それぞれが両親にも相談の上、手土産を用意するかどうかを決めるのが良いでしょう。

選び方のポイント

相手側の好きなものや苦手なもの、家族構成などを事前に調べて選びましょう。

適した贈り物

洋菓子や和菓子、こんぶなどの縁起が良いとされるものも良いでしょう。特に両家が異なる地域から集まる場合は、地元の銘菓、特産品などを持参することが多いようです。

その他の特集を見る

三越伊勢丹 x リクルートのギフトサイト キノギフト
  • Pontaポイントがたまる・つかえる
  • 三越・伊勢丹の包装紙で贈れる
贈り物をもっと暮らしの中に