お中元のメッセージ | 三越伊勢丹のキノギフト

open

贈る時期

お中元 知識・マナー

お中元のメッセージ

お中元を送付する場合は、送り状を兼ねた挨拶状にメッセージを添えましょう。お中元は季節の贈り物ですから、まず、時候の挨拶は欠かせません。お世話になったお礼を伝え、今後のお付き合いを願い、相手の健康や繁栄を祈る言葉を記し、品物の内容、送った理由、発送した日、到着予定日などを書き加えます。贈る側の真心を先様に感じていただくことで、今後の関係がよりいっそうよい方向へと発展するきっかけにもなります。挨拶状は、お中元よりも2〜3日ぐらい早く相手に届くように出すようにしましょう。

改まった相手への例文としては、

拝啓 盛夏の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
日頃は多大なるご配慮にあずかり、心より御礼申し上げます。
つきましては、感謝の気持ちを込めまして、別便にて○○(商品名)をお送りいたしました。
ささやかな品ではございますが、○日頃には届くかと存じますので、ご笑納いただけますと幸いに存じます。
時節柄、お体の具合を崩されませんよう、何卒ご自愛くださいませ。
本来ならば直接おうかがいしてご挨拶申し上げるべきところ、誠に失礼とは存じますが、略儀ながら書中にてご挨拶申し上げます。 敬具
平成○年○月○日

親しい相手へは、

暑い日が続いておりますが、皆様お変わりございませんか。
日頃は何かとお気遣いいただき、大変感謝しております。
さて、本日お中元のしるしとして、別便にて○○(商品名)をお送りいたしました。今週中にはお手元に届くと思います。
お口に合うかどうかわかりませんが、ご賞味いただければ幸いです。
暑さもますます厳しくなってまいりますが、
皆様が健やかにお過ごしになりますことを心よりお祈りいたします。
平成○年○月○日

ビジネス用としては、

謹啓 盛夏の候、貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
お蔭様で弊社の事業は順調に伸展し、社員一同、業務に励んでおります。
つきましては、日頃の感謝の気持ちを表したく、○○百貨店から気持ちばかりの品をお送りいたしました。
本来ならば直接おうかがいしてご挨拶申し上げるべきところ、誠に失礼とは存じますが、
ご笑納いただければ幸いに存じます。
末筆ではございますが、貴社のますますのご発展と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 謹白
平成○年○月○日