快気祝いの熨斗 | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

open

快気祝い

快気祝い 知識・マナー

快気祝いの熨斗

快気祝いでは、水引きは一度きりのお祝いごとの時使用する紅白の結びきりにします。
本来快気祝いは、病気やけがの治癒をお祝いするものです。けがや病気が再び繰り返しおこらないように、一度結んだらほどけない結び切りを使用します。
のしは、熨斗鮑(のしあわび)なしのものを使いまでしょう。熨斗鮑は、鮑を伸して干したものを用いています。
そのため、この「伸ばす」という意味が「病気やけがを伸ばす」ともとれ、病気やけがを長引かせることを連想させるので、熨斗鮑の付いていないものを選ぶのが一般的となっています。

もし、お返しの品が2つある場合は、のしは1つでかまいません。病気が「重なる」と連想できる恐れから、のしを2つ付けることは縁起が悪いとされていますので気を付けましょう。また、少額のお返しをする際にのしをつけないこともあるでしょう。
本来のしはどの用途の贈りものであるのかを明確にさせることが役割です。もしのしを付けないのであれば、メセージカードを添えるなどして、何のお返しなのかが相手へ分かるようにしてお渡ししましょう。
のし選びと同時に、のしの名前書きで頭を悩まされる方も多くいらっしゃると思います。基本的に退院した本人の姓または、姓名を入れます。会社名・肩書きを加える場合は、姓名の前に少し小さめにしていれるとよいでしょう。

また、当事者間ではなく、職場関係者の身内の方へお見舞い品を贈られるケースもあるでしょう。例えば、奥様が入院された時に旦那様の上司からお見舞い品をいただいた場合があります。
このような時、のしの名前表記は「姓」のみを記入した形でお返しされるとよいでしょう。

続いてのしの表書です。表書きは回復した具合によって区別します。全快した場合は「快気之内祝」や「快気祝」を使うのが一般的です。
「全快気祝」を使用する方もいます。また、長期入院や自宅療養の必要はあるけれどもひとまず退院した時に、お見舞い品を頂いた方へお礼をしたい場合は「御見舞御礼」、「退院内祝」とします。
その際の水引とのしは快気祝いと同様にするのが通例です。