初節句の祝い | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

初節句の祝い

open

赤ちゃん行事のお祝い

初節句のお祝いの知識とマナー

初節句とは

誕生後初めての節句を「初節句」といいます。男の子は5月5日の端午の節句に、女の子は3月3日の雛祭りにお祝いをします。初節句は子どもの成長を祝福し、将来の幸せを祈るお祝いです。

知識&マナー

女の子なら雛祭りに雛人形を、男の子なら鯉のぼりや武者人形などを飾り、家族で集まってお祝います。節句の飾りものは母親の実家が贈る習わしですが、現在では父親の実家と共同で贈ることもあるようです。 初節句のときに一式揃えて贈る以外にも、初節句に飾りの主なものだけを贈り、毎年の節句のときに買い足していく方法もあります。

選び方のポイント

節句の飾りを贈る場合は、事前に子どもの両親と相談をしましょう。飾るスペースや収納の都合なども考えて、本人たちの希望に合うものを贈りましょう。 両親の実家がそれぞれ贈りたい場合は、重複しないように打ち合わせをしておくことも大切です。親戚や友人なら子どもが喜ぶおもちゃなどを贈るのもよいでしょう。

適した贈り物

祖父母や親族からの初節句のお祝いには、男の子なら兜や五月人形、女の子なら雛人形などが喜ばれるでしょう。 初節句のお祝いパーティーに招待された時には、その季節にふさわしい花束や、小さなお菓子やケーキなどを手土産にするとよいでしょう。最近では、知人や友人が贈る時には、おもちゃやオルゴール、ぬいぐるみなどを贈っても喜ばれるでしょう。

その他の特集を見る

三越伊勢丹 x リクルートのギフトサイト キノギフト
  • Pontaポイントがたまる・つかえる
  • 三越・伊勢丹の包装紙で贈れる
贈り物をもっと暮らしの中に