病気見舞い | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

病気見舞い

open

お見舞い

病気見舞いの知識とマナー

病気見舞いなどお見舞いのギフトを見る

病気見舞いとは

病気で入院して治療を受けたり、自宅療養されたりしている方へのお見舞いを、「病気見舞い」と呼びます。

病気見舞いなど
お見舞いのギフトを見る

常識&マナー

病院や自宅へ見舞う場合などには、相手の病状や時間帯などによって、見舞って欲しくない場合もあります。事前に家族や病院に様子や都合を聞いてから伺うようにしましょう。服装も清楚にし、お見舞いを持っていく際の「ふくさ」も紫や紺色の無地、または落ち着いた色合いのものを使うようにしましょう。 病気見舞いを贈るときは、もともと慶びごとに用いた「のし」はつけず、無地の短冊を用いる方法があります。もし、無地の短冊では寂しいと思うときには、紅白結び切りにして、のしは付けないようにしましょう。表書きは「御見舞」「お見舞」「祈 ご本復」「祈 御全快」「祈 ご回復」とするとよいでしょう。 また、お見舞いに行きそびれて、相手の方が退院してしまった場合は、退院して3週間以内なら、紅白結び切り、のし付きで「祝 ご退院」として贈るとよいでしょう。それ以上経ち、完全に治っているのなら「祝 ご全快」「祝 ご快復」、まだ完全に治っていないなら「祈 ご全快」「祈 ご快復」として贈るとよいでしょう。

病気見舞いなど
お見舞いのギフトを見る

選び方のポイント

病気見舞いに贈るものは、相手の病気や症状を考えて選びましょう。病院や自宅の中で療養している方へは、花束、フルーツ、お菓子など季節のものを贈ってあげるのもよいでしょう。病気見舞いの金額は、病気になられた方との関係性から考慮しましょう。ただし、最近の病院では花をお断りする場合もありますので、ご家族や病院に確認をしましょう。

病気見舞いなど
お見舞いのギフトを見る

適した贈り物

品物選びは、病気や病状によってふさわしいものが変わりますので、事前に確認をしましょう。 花、フルーツ、洋菓子、和菓子、タオル、本、ブックカバーなど

病気見舞いなど
お見舞いのギフトを見る

その他の特集を見る

三越伊勢丹 x リクルートのギフトサイト キノギフト
  • Pontaポイントがたまる・つかえる
  • 三越・伊勢丹の包装紙で贈れる
贈り物をもっと暮らしの中に