災害見舞い | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

災害見舞い

open

お見舞い

災害見舞いの知識とマナー

災害見舞いとは

親戚や知人が災害にあった時に安否を確認し、贈る相手の支えや手助けになるものを贈ります。また、災害の大きさによっては被災地や避難所などに贈ることもあります。

常識&マナー

親戚や知人が災害にあった場合、地震、台風、水害などの災害に遭ったことを知ったら、まず安否確認をします。ただし、災害の直後は安否確認の電話が繋がりにくくなることもあるので、大規模な災害の場合は、身内以外の人は自宅や携帯電話への連絡は遠慮します。 安否の確認が出来たら、現地へ出向いて手助けをするか、必要なものを送りましょう。災害の規模や種類にもよりますが、むやみに現地へ行くとかえって迷惑になることもあります。ニュースなどから情報を収集して判断しましょう。

選び方のポイント

災害のお見舞いの贈り物は、災害の大きさにもよりますが、日用雑貨、衣類、食料品、自然水(ミネラルウォーター)、お金など、被害状況に合わせてすぐに役立つものを贈るとよいでしょう。相手に必要なものを聞いて送るのがベストですが、それが難しい場合には、ペットボトルの飲料水やそのまま食べられる缶詰などを送りましょう。 また、災害見舞いの場合、目上の人に現金を贈っても失礼ではありません。

適した贈り物

災害見舞いの贈り物は、災害にあった方が希望するものを贈ってあげるのがよいです。また、すぐに使用できるものを贈るとよいでしょう。 日用品、日持ちのする食品、飲料水、衣類、寝具、子どもの学用品など

その他の特集を見る

三越伊勢丹 x リクルートのギフトサイト キノギフト
  • Pontaポイントがたまる・つかえる
  • 三越・伊勢丹の包装紙で贈れる
贈り物をもっと暮らしの中に