結婚記念ギフト | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

結婚記念ギフト

open

結婚行事のお祝い

結婚記念ギフトの知識とマナー

結婚記念ギフトとは

結婚記念日は夫婦の記念日です。最初の1年目、5年目、10年目というように節目に祝うことが多いです。最初のうちは夫婦だけで祝い、25年目、50年目などのように年数を重ねると、子どもや親戚を含めて祝宴を開いたり、旅行したりとさまざまに祝うことが多いようです。祝い方に、これといった決まりはありませんので、思い思いに祝いましょう。夫婦で贈り物をしあうこともよくあります。従業員の結婚記念日に毎年計画的に贈りたい場合、年代もののワイン、イヤーズプレート、洋食器の同ブランドのアイテム違いを継続的に贈るのも良いでしょう。

知識&マナー

結婚記念日は、1年目の結婚式から75年目(または60年目)のダイヤモンド婚式まで、細かく名称が決められています。とくに15年目の水晶婚式までは毎年名称がつけられています。中でもよく知られているのが、結婚25周年の銀婚式と、50周年の金婚式です。 結婚記念日を祝うのは、もともと欧米の風習ですが、日本でも銀婚式や金婚式には特別なお祝いをする人が多いようです。家族が集まって食事をしたりするほか、子どもや友人が主催者となってパーティーを開くこともあります。こうしたお祝いの席では、家族や親しい人から贈り物をすると喜ばれます。

選び方のポイント

夫婦で相談をして一つのものを選ぶのもいいですし、お互いに希望のものや好みにあったものを贈り合うのもいいでしょう。お互いにともに入れる喜びと感謝を伝えられるものを選びましょう。また、子どもや仲のいい友人から贈る場合は、ふたりの好みのものを贈っても喜ばれるでしょう。

適した贈り物

基本的にはお互いや相手の希望を確認して贈ることがよいでしょう。また、節目ごとにちなんだものも記念に残ってよいでしょう。

年数 名 称
1年目 紙婚式
2年目 綿婚式、藁婚式
3年目 革婚式、皮婚式
4年目 花婚式、書籍婚式
5年目 木婚式
6年目 鉄婚式
7年目 銅婚式、果実婚式
8年目 青銅婚式、電気器具婚式
9年目 陶器婚式
10年目 錫婚式、アルミニウム婚式
年数 名 称
11年目 鋼鉄婚式
12年目 絹婚式、麻婚式
13年目 レース婚式
14年目 象牙婚式
15年目 水晶婚式
20年目 磁器婚式
25年目 銀婚式
30年目 真珠婚式
35年目 珊瑚婚式、ひすい婚式
40年目 ルビー婚式
45年目 サファイア婚式
年数 名 称
50年目 金婚式
55年目 エメラルド婚式
60・75年目 ダイヤモンド婚式

その他の特集を見る

三越伊勢丹 x リクルートのギフトサイト キノギフト
  • Pontaポイントがたまる・つかえる
  • 三越・伊勢丹の包装紙で贈れる
贈り物をもっと暮らしの中に