神様とともに食事をする | 三越伊勢丹法人ギフトサイト

神様とともに食事をする

正月三が日の祝い膳には、祝い箸を使います。祝い箸の先は両方が細くなっているのが特徴です。これは両方が使えるためではなく、片方は神様のためのもの、神様と一緒に食事をするという意味です。祝い箸の材料には、昔から「神が宿る霊木」とされてきた柳が用いられます。一般的には、箸袋に干支の絵がついたものや、金字で「寿」と書かれたものが好まれており、家族それぞれの名前を箸袋に書き、三が日の間はそのお箸でお節をいただきます。

冬の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

open

冬の贈り物