年の初めの参詣 | 三越伊勢丹のキノギフト

年の初めの参詣

お正月にその年初めて氏神様にお参りすることを「初詣」といいます。かつては大晦日から元旦にかけて徹夜で神社にこもる慣習の名残から、大晦日の夜に初詣をしていましたが、現在では元旦の祝い膳をいただいた後でするのが一般的です。初詣は松の内にすませ、喪中の人はしません。

冬の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

冬の贈り物