お食い初めの由来は? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

お食い初めの由来は?

お食い初めの行事そのものは、平安時代に中国より伝わり、朝廷から民間に広がったといわれています。生後初めて魚肉などを食べさせるので「真魚始め」、初めて箸を使うことから「箸揃え」「箸初め」などとも呼ばれたり、また「百日の祝い」「真名初め」「歯固め」などさまざまな呼び名があるようですが、現在は「お食い初め」の呼び名が一般的です。

赤ちゃん行事のお祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

赤ちゃん行事のお祝い