お土産の体裁と差しだし方のマナーは? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

お土産の体裁と差しだし方のマナーは?

箱または包装の上から奉書の紅白紙か白二枚にして、紅白または金銀の水引で結び、右上にのしをつけます。表書きは「寿」とし、名入れは本人の名前を入れて、左上に受取人の名前を記入します。差し出す際は、目上の方の品物を上段に重ねて差し出すか、順序よく目上の方から渡します。結納後であれば水引は夫婦結びになり、嫁側でも婿側でも、身内には「寿」、相手側の親族には「御挨拶」などとします。

手土産の関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

手土産