お祝いを手渡しする際に、ふろしきやふくさはどう使うの? | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

お祝いを手渡しする際に、ふろしきやふくさはどう使うの?

先方の自宅に持参するときは、祝儀盆にのせた金封にふくさをかけ、さらにふろしきで包んで持参します。渡すときには、包みをほどき、ふくさをかけた祝儀盆ごと差し出します。受け取る側は、金封をいただいて、「おため」または「おうつり」を祝儀盆にのせ、家紋付きのふくさは絵柄のほうを表にし、お礼の挨拶とともにお返しします。式場などに金封を持参する場合も、ふくさで包んで持参します。渡すときにはふくさから出し、正面を先方にむけて差し出し、金封のみ受け取っていただきます。(「おうつり」と「おため」:「おうつり」とは、お祝いなどを届けてくださった方への心づけといったもの。「おため」とは、京阪、北陸地方では結婚のお祝いのときに使うことが多く、具体的には”お祝い金の一割”を包むことをいいます。)

手土産の関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

手土産