状況をみて、心を込めて行う | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

状況をみて、心を込めて行う

焼香は3回するのが通例とされていますが、僧侶や寺によって違うことがあります。お焼香は、体や心の汚れを払ってお参りするため、またその功徳を広く伝えるためにするものです。一度目は心を鎮めるため、2度目は自身を清めるため、3度目は「仏」「法」「僧」(お釈迦様・仏様・お釈迦様の弟子)の三宝に帰依(きえ)することをあらわすといわれています。宗派によって異なりますが、参列者全員が焼香することに意義があります。必ず3回しなければいけないというわけではないので、焼香の列が混んでいるときは、心を込めて1度行えば十分です。線香で行う場合も3本立てるといわれていますが、たいていは1本でいいのです。

手土産の関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

手土産