先人の生活の知恵 | 三越伊勢丹のキノギフト

先人の生活の知恵

手拭の歴位は古く、手巾などと称していたことが平安初期の『延喜式』に記載されています。当時は、儀式の際に僧侶や官吏の料理人、薬係の人たちだけに支給されてきましたが、鎌倉時代に入って庶民も使うようになりました。手拭の種類は、用途別・染め方別・長さ別に各種あります。材料は古くは麻の晒が多かったのですが、江戸時代に木綿が多くなったのは浴衣と同じです。生地は播州木綿で長さは使い勝手のよい二尺五寸が主流になったようです。手拭は、手・顔・身体の汗を拭うほか、頬かぶり・姉さんかぶり・大尽かぶり・米屋かぶり・喧嘩かぶり・ふきながしなど様々なかぶり方があり、かぶり用の手拭には長手拭が使われました。また、女性の髪の汚れを防ぐためにも使われました。手拭の両端が縫われていないのも、先人の生活の知恵です。下駄の鼻緒が切れたときに縦に裂いて鼻緒にする、怪我をしたときには包帯がわり、また紐がわりと変幻自在に使っていました。手拭は今でも、染めも文字柄も自由にあつらえることができます。

夏の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

夏の贈り物