有害な紫外線 | 三越伊勢丹法人ギフトサイト

有害な紫外線

日焼けするのは、有害な紫外線のせいです。医学的には火傷で、健康上のメリットはあまりありません。皮膚は、体力を強力な日光から守る壁の役目をしています。日光に含まれる紫外線は、肉眼では見えませんが皮膚に最もダメージを与えます。どのような場合でも、紫外線にさらされると皮膚は化学変化を起こし、損傷する可能性があります。ひどくなるとシミや皮膚癌の原因になるため、日光に長時間あたるときは、日焼け予防しなければなりません。紫外線には3種類あり、いずれも有害で、そのひとつは窓ガラスや車のフロントガラスも通過し、皮膚の深い部分まで入り込みます。長時間あたると、知らないうちに慢性的になり、気がついたときはシミ・ソバカスや日光角化症になるリスクが高まります。また、ほとんどオゾン層で吸収される種類の紫外線も、フロンガスなどのオゾン層破壊物質により、そこを抜けて地表に達し、強い紫外線があたることもあります。紫外線は、ビタミンDをつくる役目もあるので少量ならば有益ですが、日光浴もほどほどがいいようです。

夏の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

open

夏の贈り物