春と秋の彼岸に、なぜお墓参りをするの? | 三越伊勢丹のキノギフト

春と秋の彼岸に、なぜお墓参りをするの?

本来、彼岸は”魂祭り”ならびに”祖先のお祭り”をする日であったことから、春秋の彼岸とお盆の年三回は祖先を祭る日とされ、春と秋の彼岸には墓参りをするものとなったようです。(ぼたもちとおはぎ:「ぼたもち」と「おはぎ」は同じ材料で作られた彼岸にはかかせない和菓子で、春には牡丹にちなんで牡丹餅、秋には七草の萩にちなんでお萩ということが多いようです。)

バレンタインの関連記事

その他のギフト関連の記事

カテゴリから探す

すべての商品を見る

open

バレンタイン