懐かしさがよみがえる昭和の味-お母さんと一緒に食べたいな。 | 三越伊勢丹・リクルートのキノギフト

ピックアップレビュー

懐かしさがよみがえる昭和の味-お母さんと一緒に食べたいな。

  • キノギフト編集部キノギフト編集部
  • 2016-12-09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「惣菜缶詰盛合せ」が我が家に来ました!!

しつこい料理が苦手になりつつある50代夫婦なので、12種類のどのお惣菜も魅力的。主人がまず「そぼろ大根」を手に取り、次に私が「かぼちゃいとこ煮」を。次は二人とも筑前煮を狙っているのでバトルの勃発を予感します。

12種類のおいしそうなお惣菜の写真が目に飛び込んできました。食欲をそそります。

どれも小さい蟹缶サイズなので、1回に2缶は一人で食べてしまいそうです。賞味期限は2年半ほど先、非常用食料にできそうな長さですが、きっとすぐ食べてしまうでしょう。

お皿に開けると、想像以上の量にびっくり!小さい缶ですが目いっぱい中身が詰まっています。

プルトップの缶を引っ張ると、中身がぎゅうぎゅうに詰まったお惣菜。その瞬間に材料と醤油が合いまったいい匂いがぷーんと鼻に届きます。お皿に開けると、期待以上の量の多さにびっくり。隙間なく詰まっていたからなのでしょう。

缶詰にぎゅうぎゅうに中身が詰まった状態だから絵的にはちょっと。早く容器に開けましょう。

缶に入った商品なので調理や準備は全く必要がありません。プルトップをひぱって缶のふたを開けるだけで、このような本格的なお惣菜が食べられるなんてすばらしいです。保存食だからということで味を濃い目にしてあるのでしょうか。どの缶詰もふたを開けるとぷーんと和食らしい上品な醤油の香りが広がります。缶詰から直接つまんで食べたい気持ちをおさえてお皿に中身を空けると、高級感がプラスされて満足度が更に高くなります。

12種類の中の一つ、「かぼちゃのいとこ煮」について書きます。かぼちゃも小豆も大好きですがこの両方を一緒に炊き込んだものは初めてです。かぼちゃを一口食べてそのホクホクさに思わず笑みが。ふと「温めたほうがもっとおいしいのでは」と思い、おもむろに電子レンジに入れました。40秒後、改めて口に入れると、もっとおいしい。
小豆もカボチャも自然の甘さの中に、塩が加えられており、完成した料理の味です。お惣菜ではありますが、家庭のお惣菜ではなく専門店のお惣菜という感じで、贅沢な気持ちに浸れます。

「たけのこ土佐煮」です。缶を開けた瞬間に鰹節と醤油のいい匂いが広がります。お皿に移して電子レンジで30秒ほど温めてからいただきました。たけのこの食感はシャキシャキで、上手に炊かれてあります。味付けは私にはちょうど良かったですが薄味好みの主人にはちょっと濃く感じられたようです。今回は温めましたが、冷たい状態でも十分においしくいただけると思います。

「そぼろ大根」についてです。缶を開けると、だしの匂いと大根の匂いが漂って「ザ・和食」という感じです。大根は柔らかく炊かれていて、薄目の味付けなので肉のうまみやだしのうまみが上品に大根に溶け込んでいます。電子レンジで温めてからいただきましたが、冷たい状態でもおいしいだろうと思います。

缶詰にぎゅうぎゅうに中身が押し込まれているのでボリュームは満足、値段が「高い」という印象も持ちません。缶詰を開けた瞬間に広がる素材の香りがすごく強烈で、食欲をそそります。

高齢の両親に「ありがとう」のプレゼントとして一押し!

インスタント物や洋風料理を好まない高齢の両親にプレゼントしたいです。これから秋、冬に向かい体調の悪い日も出てくるでしょうから、そんな日は無理をしないでこのような缶詰を活用しておいしいご飯を食べてほしいと思います。缶詰物は味気ないという認識を変えてくれます。

2年半の賞味期限を持つ点からは、非常食としての利用もありかなと思います。空腹感を紛らわすためだけの非常食の中にこのようなものがあると元気が出ます。また、残業などで疲れて帰った後の夕食としてもありです。量もちょうどよくて、何も考えずに気軽に食べられます。

お惣菜は家庭の味と言う概念を覆すびっくり高級お惣菜です。素朴でシンプルなのに深い味。お皿に盛り付けて食べると缶詰であることを忘れてしまうほどです。

この商品を見る

  • キノギフト編集部キノギフト編集部
  • 2016-12-09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レビューの関連記事

インフォメーション件数

745